--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-13

マイホーム 2

さて、ちょっと日が開きましたが
悩みに悩んでいる、マイホームのお話の続きです。

ワタシが悩んでいる間にも、友達のBやしさんは決めてしまって・・・・。
はえ~よ。
まぁ、自分は自分で自分なりに。

さて、マイホームについての悩みは前回の『マイホーム』をご参照ください。

結局、我が家としては
賃貸の戸建 か 戸建 という結論になりました。
そうなると、場所。

やっぱり、校区を離れるのは・・・・。

と思います。
あらさくは、小学校入学前に引越しをし、馴染みの友達がいないまま入学式を迎えました。
なので、入学式の思い出はほとんどなく、
ぽつーーーーーん。
という感じだけが記憶にあります。
そして、旦那も学年の途中で転校した人なのですが、やっぱり馴染みの人がいない所での生活は嫌だったようです。
なので、例えどんな環境にでも適応しそうなあらしとさくらですが
このキャラを持ち続けていられるのも、回りに勝手知ったる友達がいればこそ!
という半ば強引とも思えるような結論に達しました。

まぁ、普段は気が利かない旦那ではありますが、ここら辺で意見が一致するのはいいことだと思い余す。
堂々巡りに中々ならないので。
(強引にあらさくが押し切る場合もありますが。)

なので、学区内で家を探すという、かなりピンポイントで難関な家探しの人生のたびです。(大げさな!)

早速、ネットで賃貸物件を探してみるもの・・・・・ありません。
テラスハウスと書かれた2階建ての物件はありますが、どう見ても長屋。
モノは言いようですね。日本語のあつかましさに脱帽です。

というわけで、売り物件で目に入ったのが『定期借地権付き住宅』。
いわゆる『定借』です。
50年ぐらいの期間で、土地を借りてそこに家を建てるというものです。
50年後には更地にして返却という前提にはなっていますが、再契約できることになればそのまま土地は借りられます。

デメリットで言えば、土地は他人のものなので、月々地代を払うことになること。
50年後には更地で返却なので、何も残らないこと。

が、今のところあらさくが思い浮かぶ範囲ですかね?

メリット的には、上物のローンだけなので、比較的安くローンが組める。
家自体は自分の物なので、やりたい放題。
ローンを35年で組んだとしても、残り15年は地代のみで暮らしていける。

ですかね?
考えようによれば、子供に押し付けるものが無いと考えれば・・・。
子供が二人いれば、片方にだけ何かを残すというのは気が引けるというか。
それに、そもそも二人がそれぞれに生活を営むようになったとして、ここで暮らすという保障は何もないし。
35年経ったボロ家に住みたがるとも思えないし。

そもそも35年ここに暮らし続けるかどうかもわからんし。

と、考えだしたら『定借』はこれはこれでいいのかも。とも思えてきました。


眠くなったので、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

theme : 住宅選び
genre : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

確かにそうかもしれませんね。
ものは考えようですもんね。
あらさくさんはいつも落ち着いて色んな角度から物事を考察していて尊敬するわ~。
我が家も購入の際にはきちんと考えないと・・・(まだまだですけど)

人によって重視するとこはちゃうんもんなぁ。ウチも立地重視で決めたから、色々妥協・・・。自由設計とは名ばかりで標準設備しょぼいし、オプションも高いし・・・しゃーないけど。

こんにちは

こんにちは。うちも上の子が小学校2年生の時に社宅を出ることになり、同じ校区でマンションを探しました。かなり苦労しました・・。

オレンジさんへ

いつも落ち着いて?考察?
いえいえ。そんなはずはありません。
毎日バタバタしてますし~。
妄想はしてますけど・・・。

でも、モノは考えようですよ!
いつでも自分の都合の良いように考えるのは非常に得意です。

ゆうけんのままさんへ

校区での家探しは大変だったでしょうね!
ミニシミマス・・・・。
いつかこの家を離れるのかと思うと、狭いけどいとおしく感じるのですよ。

ねずも考えたことがあります。
物事の考え方はいろいろで、どれが正しいというのは
その人なりの価値観が重要ですから。
土地を選ぶときは、数年後の都市開発や病院の拡張など考慮に入れると土地価格の動向が読めるときがあります。
また少し都市部から外れたところなら、大学のキャンパスの移転などで街が大きく変わることがあります。(立命のBKCとか)
ねずたちは病院の新築移転計画に基づいて土地購入を決めました。
いざ手放すとき、マイナスだけはならないところです。

他にも、行政の土地開発部門なんかもおもしろいですよ。

ねずさんへ。

土地開発部門・・・昔は行きましたよ・・・仕事で。
物事の価値観って人によるのは本当に!って感じですよね。

子供たちは今は小さくて傍に居るけど、本当に5年後10年後にはどうなっているのか・・・。
家族がみんないつまでも仲良く居られる家が一番の理想ですね~。
プロフィール

あらさく

Author:あらさく
あらさくファミリー
あらさく・・・あらしとさくらの母。寅年。分かってもらえないA型。常に勘と気分で行動しています。
あらし・・・・長男。自由気ままに生きる午年。
さくら・・・・長女。自分をこよなく愛する申年。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
amazon今日の新譜CD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。